こだわり

Good for

人と地球にやさしい稲作

今ある自然環境を守る

この私達の住んでいる地球をいつまでも緑豊かに保つために、有機質肥料で稲を育てます。化学肥料や農薬を使わない稲作りは大変です。堆肥を散布したり、雑草と戦わなければいけません。そこで流した汗で私達自身の生活環境を守れると信じています。

稲を育てる田を作る

稲ワラを鍬込んだり、堆肥や有機質肥料を散布して藻が繁殖したり、菌が生息する力のある土を作ります。病気や害虫に負けない強い稲を育てます。
農薬を使えば簡単に病気や害虫を退治する事は出来ますが、それは私達の農業ではありません。

苗を少なく植える

稲の苗を少なく植えて、1本1本の稲を太くして健康な稲を育てます。苗を少なく植えると稲の間を風が通ります。太くて風通しの良い稲は病気にならないし、虫にもやられません。太い稲から大きな穂が出来て、一粒一粒が大きくなり、元気で美味しいお米が出来ます。

田んぼは毎日が感動です!

種を蒔いて、芽が出て、田植えをして、自然環境のなかで種を残して行くための営みの中で私達人間が自然界から一部の物を頂く。それが農業です。
夏には早朝、田んぼから赤とんぼが羽化して行く、夜になれば蛍が畦に飛んでいる、昔は当たり前だったそんな光景を取り戻して行きます。
私達をとりまく環境が維持されて行くことが、私達農業者にとって一番大切な事です。私達は自然界に手を加えて、農産物を育てています。なるべくその環境を壊さない様にするためにはどうすれば良いのか、研究しています。
作業の中で一番大変なのが草取りです。田植え後三週間位から機械式の除草機を使って草を退治します。2回機械除草を行った後に機械で取れなかった部分を手取り除草をします。とてもつらい作業ですが、トンボやタニシやホタル達と、自然を共有できる田んぼに喜びを感じます。6月の早朝に、手で草を取っていると、ヤゴ(トンボの幼虫)がたんぼから稲に登って一斉に羽化する光景を見ると、自然の神秘に感動し、この自然のサイクルを人が壊してはいけないと思わされます。だから作業がつらくとも除草剤を散布しないで、草取りをします。

独自の栽培マニュアル

栽培については、加茂有機米生産組合の独自の栽培マニュアルに基づき、栽培しています。また、組合主催の稲作勉強会にも熱心に参加し技術や知識を常に向上させています。また、これらの習得した技術や知識を発展途上国に伝える努力も盛んに行っています。

PAGETOP